アオフタバラン

ラン科 フタバラン属



山地の林床などに生える多年草で、高さは10〜20センチ。葉は地上近くに付き、対生し、三角状卵形で、不鮮明な白斑がある。茎には開出した腺毛と、まばらに鱗片葉がある。
花は緑色で、側花弁は線形で長さ2ミリほど。唇弁は2深裂し長さ6ミリほどで、裂片の先は円い。花期は8月。青森県〜屋久島まで広く分布する。



〜徒然想〜

フタバランの仲間は、花は目立たないので葉を目安に探します。
特に本種は、花が緑色で他の植物に紛れてしまいます。一方で、葉は比較的大きく、白い斑が入るので、葉を目安にすれば探し易い植物と思います。

森は高い木に覆われ、夏の最中にもかかわらず涼しい風が吹き抜けます。落ちた杉の枝を踏みしめながら、ゆっくり散策します。
アオフタバランは比較的容易にみつかりました。歩を進めるに従い、そこかしこに見られ、場所によっては踏まないように気遣うほどです。
行き交う人も少なく、静かな花撮影です。

−同じ科の植物−

2011.8.14 栃木県
2011.8.14 栃木県 2011.8.14 栃木県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery