オオバイヌツゲ

モチノキ科 モチノキ属



別名ヒロハイヌツゲ。
山地の日当たりの良い林縁などに生える常緑低木で、高さは2メートルほど。葉は互生し、楕円形、濃緑色で光沢があり、低平な鋸歯がある。
雌雄異株。花は白色で4弁、直径8ミリほど。核果は球形で黒く熟す。花期は6〜7月。北海道〜九州の暖地に分布する。



〜徒然想〜

山頂付近の尾根道で、ぽつりぽつりと見られました。
小さな花は可愛らしく、葉が厚いことから島固有の花のように思えましたが、全国の暖地で見られるようです。
島での花観察は、何でも異国の花〜固有の花のように思えてしまうのです。そう思いながら続ける花観察も、楽しいものです。


−同じ科の植物−
2012.7.1 東京都伊豆七島
2012.7.1 東京都伊豆七島 2012.7.1 東京都伊豆七島
   2012.7.1 東京都伊豆七島