ウチワダイモンジソウ

ユキノシタ科 ユキノシタ属

  
 2012.10..28 鹿児島県    2012.10..28 鹿児島県


山地の湿った岩上などに生える多年草で、高さは5〜30センチ。ダイモンジソウの変種で、葉の基部がくさび形又はときに心形になり、葉が3〜7裂するのが特徴である。花期は7〜10月。本州〜九州に分布する。


〜徒然想〜

宮崎県の渓流際の大岩の上に、びっしりと白い花が咲いていました。渓流は深く落ち込み、とても流れまでは降りられません。
10メートルほどの高みから、望遠での撮影になってしまいました。慎重に撮ったつもりでしたが、花や葉の形は明確には撮れていませんでした。

このあたりのダイモンジソウとしては、他にナメラダイモンジソウが知られていますが、拡大画像で葉の基部がくさび形のものが一部に見られたので本種としました。

流れの大岩の上に咲く花は、ほんとに美しい。遠いのがほんとに残念! 
名残惜しく、近くで撮影できる群生を探しましたが、みつかりませんでした。

−同じ科の植物−

   2012.10..28 鹿児島県