バイケイラン

ラン科 バイケイラン属



常緑広葉樹林下などに生える多年草で、高さは0.5〜2メートル。葉は大きく長さ40センチほど、互生し縦じわがある。
円錐花序は腋生し、多数の花をつける。花は白色で大きく、萼片と花弁は線状倒披針形、長さ4センチほど。唇弁は長さ4センチほどで、初めは筒状で先端だけが開くが、後に根元から開き、先端は反り返る。花期は8〜10月。沖縄県に分布する。



〜徒然想〜

花期には少し早く、まだ咲いていないでしょうとのことでしたが、何とか花を見ることができました。
花は白く、まだ筒状です。筒の長さは10センチほどもあったでしょうか。背丈も花も大きいランです。
花は2メートルほどの高みにあり撮影しづらく、足元の藪とぬかるみが撮影をさらに困難にしています。暗いので、三脚は必須です。ISO感度を上げ、心許ない固定で撮影します。不安でしたが、何とか撮れていたようです。
葉も撮影しておきました。バイケイソウの葉に似ているでしょうか。和名の由来になった葉です。


-同じ科の植物-
2014.6.22 沖縄県
 2014.6.22 沖縄県
まだ花茎がない株
   2014.6.22 沖縄県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery