ハチジョウツレサギ

ラン科 ツレサギソウ属



日当たりのいい草原などに生える多年草で、高さは20〜45センチ。葉は茎の下部から1〜3枚出て斜上し、長楕円形。
花は淡緑色を帯びた白色で多数付ける。鱗片葉が付くことや唇弁の距が長いのが特徴。花期は4〜5月。東京都伊豆七島に特産する。



〜徒然想〜

前年、同行者はこの花を探してこの島を訪れたが、みつからなかったという。今回は新たな情報を得て、生息地を絞ります。
1個所目は不発・・・・・・みつかりませんでした。いい環境と思われただけに落胆が大きいです。気を取り直して移動しますが、当てがあるわけではなく気がやや重いドライブになりました。

そして・・・、今から思うと、何か導きがあったとしか思えません。辿り着いたその場所には、新たな情報と一致する理想的な空間が広がっていました。
確信の下に探し始めてまもなく、同行者の声が上がります。ありました〜!いつになく、同行者の声が上ずっているように聞こえます。

白い花が、ほんとに綺麗です。青空を背景に、愛しむように撮影しました。

−同じ科の植物−

2010.5.8 東京都
 2010.5.8 東京都    2010.5.8 東京都
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery