ハルザキヤツシロラン

ラン科 オニノヤガラ属



日陰地の常緑広葉樹林下などに生える腐生ランで、高さは3〜7センチ。全体紫を帯びた黄褐色。
花は1〜3個つき、萼片は合着して釣鐘状になる。花期は4〜5月。本州(伊豆七島、静岡、和歌山)、四国、九州、沖縄にまれに産する。



〜徒然想〜

アキザキヤツシロランと違って、この植物は群生することはないようです。数も少なく、1本だけ不意にみつかります。

それにしても、この植物をみつけるのは難しい。暗い林に屈んで目を凝らしてもなかなかみつからない。黒化した枯れ草に紛れ、保護色となって身を隠しているようです。
この日は開花していないものや既に萎れてしまったものなど4本をみつけることができましたが、いずれも同行者がみつけてくれたもの。せめて一つだけでもみつけたかった。悔しい〜!


−同じ科の植物−

2010.5.8 東京都
 2010.5.8 東京都    2010.5.8 東京都