ヒメノヤガラ

ラン科 ヒメノヤガラ属

    
2014.9.5 高知県  2014.9.5 高知県


常緑樹林下などに生える腐生ランで、高さは5〜15センチ。茎は直立し、節に小さい鱗片葉がある。
花は淡黄褐色で平開せずキセル形、長さ3ミリほど。子房は茎に沿ってほぼ直立し、花被片は子房と直角に付く。花期は7〜8月。本州〜九州に分布する。


〜徒然想〜

もうすっかり果実になっていますが、ようやく巡り会ったヒメノヤガラです。しかも、色が極端に赤い種類が混じっていました。ヒメノヤガラは果実期に赤くなるものが報告されていますが、更に赤いように思いました。

ヒメノヤガラは以前から見たくて、この年の7月に神奈川県に探しに行ってきましたが、みつかりませんでした。
その後高知県での情報が得られ楽しみにしていましたが、2つの連続台風のお蔭で、訪問を断念せざるを得ませんでした。
そして、今回の出逢いです。果実であっても、待ちこがれた出逢いです。
夢中で撮影しました。来年こそは花が見られることを願つつ・・・・・・。

-同じ科の植物-