ヒロハテンナンショウ

サトイモ科 テンナンショウ属


山地の林下などに生える多年草で、高さは15〜70センチ。葉は1個、小葉は5〜7枚で、卵状楕円形〜倒卵形で、先は鋭頭、全縁。花は葉よりも下に付く。
仏炎苞は緑色又は紫褐色で、著しく隆起する隆起する白条がある。付属体は棒状、ときに太い棒状頭状。花期は5〜6月。北海道、本州の主に日本海側、九州北部に分布する。


〜徒然想〜

稀少なイナヒロハテンナンショウを探し出そうと一念発起し、何とか探し出すことができました。では、母種(後に別種と判定された)のヒロハテンナンショウは・・・?ということで、撮り終えた画像を探してみました。
不明種としていたものの中に・・・ありました。新潟で撮影していました。

カミコウチテンナンショウを探した地(長野県)では、多くの本種がみつかりました。今度は、すぐに本種と同定することができたつもりでしたが、この仲間は調べれば調べるほど難しいグループであることが分かってきました。
例えば、アシウテンナンショウは本種とは区別できないとされましたので、アシウテンナンショウとして収載していた画像を、本項に移動しました。
この分野は難しいです。精進が必要です。

−同じ科の植物−
2007.5.3 新潟県
 2012.6.10 長野県    2012.6.10 長野県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery