コカモメヅル

ガガイモ科 オオカモメヅル属 
  APG分類では、キョウチクトウ科

 
2017 9.3 東京都高尾山   2017 9.3 東京都高尾山

山野の草地などに生えるつる性の多年草。茎は細くて長く伸びる。葉は対生し、三角状卵形〜卵状披針形、全縁で先は尖り、基部は浅心形。
花は葉腋から花序を出し、数個付く。花冠は星形、暗紫色で直径5ミリほど。果実(袋果)は披針形で長さ5センチほど。花期は7〜8月。本州〜九州に分布する。


〜徒然想〜

花を観察している二人連れに遭遇しました。何を見ているのかとお尋ねしたら、コカモメヅルということで、便乗させていただくことにしました。

この仲間によく見られる星形ですが、花の径はずっと小さいです。直径5ミリほどでしょうか。狭い道沿いに目線よりやや高いところに絡みついていますので、三脚は使えず、手撮りで撮らざるを得ません。葉が邪魔になり除けながら撮ります。
大半はボケていましたが、何とかその姿は撮ることが出来ました。
二人連れとはその後も遭遇し、イガホオズキを教えてもらいました。思い返すと、あの方は高尾で著名なA氏だったのではと・・・。

−同じ科の植物−

 2017 9.3 東京都高尾山    2017 9.3 東京都高尾山