レブンアツモリソウ

ラン科 アツモリソウ属



北海道礼文島の固有種で、高さ20〜30センチの多年草。葉は3〜4枚が互生し、長楕円形、先は尖る。
花は茎頂に1個つき、白色〜クリーム色。上萼片が庇のように張り出し、側花弁は広く短い。唇弁は大きな袋状で、長さ3.5〜5センチ。花期は5〜6月。



〜徒然想〜

以前は礼文島の草原で見られたとのことですが、今では礼文島の保護地でしか見られないとされている花です。
自然の中での姿を見たいものとしては少々興味が削がれます。でも、一度は見ておきたくて訪問しました。

保護地は観光バスのコースにもなっているので早めに行きたかったのですが、移動のバスの時間や開園時間があります。着いた時には既に観光バスが一台停まっていて、がっくりしたものです。
保護地は自然に近い形で配置されているものの、観光園地の感は否めません。次から次へと観光バスが到着します。
この花を初めて見たことを喜びとして、礼文島の他の花を求めて縦走地に向かいました。

−同じ科の植物−
2013.6.13 北海道
 2013.6.13 北海道    2013.6.13 北海道
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery