シマキケマン

ケシ科 キケマン属

 
2007.3.18 沖縄県本島  


海岸近くに生える2年草で、茎の長さは40センチほどになる。全体に粉白色を帯びる。葉は広卵形で2回羽状複葉、小葉はさらに羽状深〜全裂する。裂片は広卵形で欠刻がある。
花は淡黄色で、葉に対生して付く。刮ハは長さ4センチほどで線形、まっすぐで、くびれがない。花期は3〜4月。四国、九州、沖縄県に分布する。


〜徒然想〜

初めての沖縄花紀行では、見るものすべてが珍しく、とにかく撮りまくった覚えがあります。それでも一つ一つの花の想いは残っていて、この花は車を停めた道ばたに生えていました。
ちょっと貧相な姿になっていましたが、花色が淡く、全体に白っぽいので、ミヤマキケマンとは違うなと想いながら撮りました。

花のシーズンオフは、撮った画像の整理に時間を費やしますが、撮ったときの情景を思い出すのも楽しいものです。関東からの遠征4人組が、沖縄の方々に案内をして頂きました。


−同じ科の植物−

   2007.3.18 沖縄県本島