オオヤマザクラ

バラ科 サクラ属


山地に生える落葉高木で、高さは15メートルほどになる。葉は互生し、長楕円形〜倒卵状楕円形、先端は尾状に長くのび、縁には粗い単鋸歯があり、重鋸歯が混じる。
花は葉の展開とほぼ同時に開花し、紅色〜淡紅色、直径3〜4.5センチ、先端はへこむ。萼筒は筒状鐘形で、萼片の縁は全縁。葉柄、花柄、蕚は無毛。花期は4〜5月。北海道、本州、四国に分布する。


〜徒然想〜

カクマスミレを撮影し駐車スペースに戻ると、ピンク色が鮮やかなサクラが咲いているのに気付きました。斜面に登り、撮影しておくことにしました。名前は分かりませんでしたので、あとで調べることにします。

花はピンク色でしたが、画像はその鮮やかさが表現できていません。
花序には柄がなく、咲き始めのものは花柄はごく短く、毛が見られません。
蕚筒はやや細長い鐘形で、無毛です。萼片も無毛で、鋸歯はありません。
樹皮には横縞が目立ちます。

以上から本種と同定しましたが、まだ確信するまでには至っていません。カクマスミレはもう一度撮りに行きたいので、その時に追加撮影いたします。

−同じ科の植物−

2018.4.6 山梨県
2018.4.6 山梨県 2018.4.6 山梨県
     
2018.4.6 山梨県     2018.4.6 山梨県
     
 2018.4.6 山梨県   2018.4.6 山梨県 
   2018.4.6 山梨県