アリサンムヨウラン

ラン科 カイロラン属



石灰岩地の自然林の林床に生え、高さが10〜20センチになる多年草で、個体数が極めて少ない危急種。
ムヨウランの名が付いてますが、わずかに卵形の葉が残っていました。
総状花序が頂生し、3〜5花を付ける。花は平開せず、白色、蕚片は中央まで瘉合し筒状となり、側花弁は長さ6ミリほど、唇弁は長さ名7ミリほど。沖縄本島、久米島に分布する。



〜徒然想〜

”ありました!” 
もう終わっているだろうということで諦めていたのでので、まだ残っていてくれたのがうれしかったですね。案内人も残っていたのが意外な面持ちです。遠来の客を待っていてくれたのでしょう。
こんなに固まっているのも極めて稀だとのこと。
貴重なランとの出逢いに感謝です。

アリサンの名の由来は分からずじまいでした。ヨシヒサラン、アノマランの別名がありますが、案内人はデコボコシュスランと呼んでいました。何ででしょうか?(根茎が長い楕円形で、くびれが連続していました)

2008.4.12 沖縄県本島
2008.4.12 沖縄県本島
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery