オニドコロ

ヤマノイモ科 ヤマノイモ属

花らしき花穂は少しも美しくないが、名前や植物の姿から、何か薬用を予測させた。
調べると、この植物の根茎を乾燥させたものは生薬で菟薢(ひかい)という。急性尿道炎や皮膚湿疹に用いられたようである。
また、かつて食料がないときには煮物などにして食用としたようです。
しかし、昔は根茎を砕いて川に流して魚を採ったというくらいですから有毒です。胃腸や喉の炎症などの中毒症状を起こします。
食べないこと。


山野に生えるツル性の多年草で、葉は互生し、円心形~三角状心形、先は尖る。雌雄異株で、雄株は葉腋から1~5個の花序を上向きに出す。雌株の花序は垂れ下がる。
2006.8.27 東京都高尾山
2006.8.27 東京都高尾山