オオチャルメルソウ

ユキノシタ科 チャルメルソウ属

2008.5.7 愛媛県 チャルメルソウ 2008.3.22 島根県 



山地の谷沿いに生える多年草で、花茎は20〜40センチ。根生葉は束生し、長い柄がある。葉身は長卵形で、基部は心形、鋭い欠刻と鋸歯がある。葉の表面には長毛があり、裏面や花茎、葉柄には腺毛がある。
花茎の上部に多数の小さい花を付け、花弁は羽状に5〜9裂し、萼裂片は花期に平開する。花期は4〜5月。紀伊半島、四国、九州に分布する。


〜徒然想〜

早春イズモコバイモの頃、ようやく花茎を起こし始めたチャルメルソウをみて、このようにして芽吹いていくのだなあと、ガラにもなく感傷的になった覚えがあります。
また、地元の関東周辺にはコチャルメルソウはあるものの、チャルメルソウはなく、まだ成長していないのが残念に思った覚えがあります。

再び訪れたチャルメルソウの生育地では、5月の連休を終え、静かな時を迎えています。傍らに流れる清流の音を聞きながら、成長したチャルメルソウと向かい合います。
四国で撮った画像はオオチャルメルソウの特徴を有していました。


2008.5.7 愛媛県 2008.5.7 愛媛県
2008.5.7 愛媛県