ウバユリ

ユリ科 ウバユリ属



山野の林下や草原に生える多年草で、高さは60〜100センチ。葉は茎の下方に数個付き、長い柄があり、卵状楕円形。
花は茎頂に横向きに咲く。花は緑白色で、長さ12〜17センチ、先はあまり開かない。花期は7〜8月。本州関東地方以西、四国、九州に分布する。



〜徒然想〜

大柄でちょっとガサツな感じな上に、あまりいい状態での出逢いがないので、撮影の食指が動かなかった花です。
しかし、伊吹山ではいいバランスの花を見ることができました。伊吹山という花の名山がそうさせたのでしょうか〜麓を見下ろせる登山道に悠然と生えていました。

調べると、花期に根出葉がなくなり、葉(歯)がない姥という語呂合わせからウバユリの付けられているとか。花がいつもシワっぽいことから由来しているのではありませんでした。


−同じ科の植物−

2009.8.7 滋賀県伊吹山
2009.8.7 滋賀県伊吹山 2009.8.7 滋賀県伊吹山