ハナイバナ

ムラサキ科 ハナイバナ属



道端や畑などにごく普通にみられる1〜2年草で、茎の基部は地を這い、高さは10〜15センチほどになる。
葉は長楕円形〜楕円形で、花は淡紫色で直径2〜3ミリ。花期は3〜11月。日本全土に分布する。



〜徒然想〜

明るい春の陽射しの下、土手に沿って河川敷をゆっくり遡ります。草地にはアマナアオイスミレなども咲いていて、整地が進んだ多摩川中下流域にはみられない風情です。
ハナイバナとヤブタビラコは、藪の木陰で、小さく花を開いていました。名前はよく知っていたものの、なかなか見ようとしなかった植物たちです。

葉と葉の間に花を付けることにより、葉内花の名が付いたようです。

2008.4.6 栃木県
2005.4.23 東京都深大寺水生植物園
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery