ハナイカダ

ミズキ科 ハナイカダ属



山地に生える落葉低木で、高さ1〜2メートル。葉の上に乗ったように淡緑色の4弁花直径4〜6ミリを咲かせる。雄花は数個、雌花は普通1個付く。葉は互生し長楕円形、長さ6〜12センチ。実はやがて黒くなります。

花は特段美しいとは思えないが、ともかく葉の上にちょこんと乗る姿が面白いです。
名がハナイカダ、的を得た名前です。
別名にママッコ(飯っ子)、ヨメノナミダという名があるようですが、これも面白いです。

2006.7.15 長野県八ヶ岳
2005.4.24 東京都高尾山
   
2006.5.27 長野県八ヶ岳