ハタザオ

アブラナ科 ハタザオ属

2006.7.7 長野県八ヶ岳(画像にポインターをおいて下さい) 2006.7.7 長野県八ヶ岳(画像にポインターをおいて下さい)


どうしてこんなに背を伸ばす必然性があるのだろうか。周りが背の高い植物なら納得できるが、草でない場所でも、シュルンと茎を伸ばし目立っている。花が小さいのでその分目立つ必要があるのかもしれない。
それにしても、あの長い、細い茎をしっかりと立ち上げる力はどこにあるのだろうか。

山野に生える越年草で、高さ35〜135センチ。茎は直立し、根生葉は倒披針形で、先は鈍形。全縁か波状縁又は低い鋸歯がある。茎葉は上ほど小さくなり、基部は茎を抱く。
茎の上部に小さな黄白色の花を付ける。
果実は4〜6センチほどの細い線形で、茎に密着してつく。
写真はヤマハタザオの疑いがあり迷いがある。植物全体が粉白を帯びていないからで、かといって、葉が鋸歯縁になるヤマハタザオの特徴を有していない。


2006.7.7 長野県八ヶ岳(画像にポインターをおいて下さい)