ヒダボタン

ユキノシタ科 ネコノメソウ属


岐阜県、福井県の狭い範囲の山地谷沿いに生育する多年草で、高さは10センチほど。茎は暗紅褐色を帯びる。葉は円形〜楕円形で、苞は鮮やかな黄色。
萼片は4個、雄しべは8個、葯は暗褐色。花期は5月。



〜徒然想〜

イワザクラを見たあとで山を下り、もう少し奥地に入ってみることにしました。林道を歩くこと1時間余り、イワザクラの山を登ったあとなのでいい加減疲れがたまり、腰に痛みがきています。同行者との距離は開くばかりですが、同行者は歩みを止めようとはしません。ここで挫けては・・・と、歯を食いしばります。

朗報が届いたときは、撮影する気も起こらず、その場にへたり込みます。本流に流れ込む沢の壁に群生していました。苞の黄色が鮮やかなネコノメソウです。
目的の花をみつけて意気揚々と引き上げます。げんきんなもので、腰の痛みも消えています。

事件はその後に起こりました。眼下の沢筋に鮮やかな黄色がみえました。より綺麗なヒダボタンです。花の状態も良好です。場所は車を停めたところから5分ほどの場所でした。
あの苦行は何だったのでしょうか!

2009.4.11 岐阜県
2009.4.11 岐阜県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery