ホザキイチヨウラン

ラン科 ホザキイチヨウラン属



針葉樹林帯下部〜ブナ帯林下に生える。八ヶ岳では明るい草原に生えていた。高さ15〜30センチの多年草。葉は普通1個で、広い卵型、長さ4〜8センチ。基部は葉鞘となって茎を抱く。
淡緑色の小さな花を多数、総状につける。唇弁は広卵形で、先は細く尖る。花期は7〜8月。北海道、本州近畿地方以北、四国に分布する。



〜徒然想〜

いつものことですが、初めての場所の花探しは、どんな花に出逢えるのか胸が躍ります。ここは花の広場〜一面が植物に覆われています。足下には多くの植物がいて、踏まないよう石の上を選んで一歩ずつ足を進めます。

はっとして見つけた花がホザキイチヨウラン。
とっさに名前は出てきませんでしたが、MさんのHPで見た覚えのある姿です。感激して、足場を固めて撮影体勢に入ります。
夕べも大雨が降りました。雨で叩かれ、1本が横になっています。起こしてあげると、ピンと立ち上がります。

−同じ科の植物−

2006.7.22 長野県八ヶ岳
 2006.7.31 長野県八ヶ岳
   2006.7.31 長野県八ヶ岳
 2016.7.7 山梨県   2016.7.7 山梨県 
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery