コアツモリソウ

ラン科 アツモリソウ属



山地の林下に生える多年草で、高さは5〜20センチ。葉は2枚対生し、光沢があり、円心形で直径3センチほど。
葉腋から花茎を伸ばし、その先に袋状の花を垂れ下げる。花は直径1センチほどで、薄黄緑色から薄黄色。花期は5〜6月。北海道西南部、本州中北部、四国、九州に分布する。



〜徒然想〜

フタバラン(属)の様な葉を目印に森の中を歩き回り、ようやく見つけることができました。対になった2枚の葉の下に袋状の花を見つけたときは、うれしかったですね。
アツモリソウの派手さはありませんが、しっかりとその雰囲気はもっていると想いました。

背丈は7センチほど、花は葉に隠れるように付いているので、必然ローアングルからの撮影になり、屈む姿勢はなかなか苦しいものがあります。
ときおり背を伸ばし、大きく息をつぎながらの撮影になりました。

2009.5.10 山梨県
2009.5.10 山梨県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery