コメツブツメクサ

マメ科 シャジクソウ属



北海道〜九州まで広くみられる1年草で、茎はよく分枝して地を這うように横に広がる。葉は3小葉からなり、小葉は卵形、長さ1センチほど、低く不揃いの鋸歯がある。
葉腋に花序を出し、黄色の蝶形花を数個固めて付ける。花期は4〜7月。



〜徒然想〜

地べたに這いつくばるように咲く小さな花です。時に公園の芝地に絨毯のように敷き詰められます。強い繁殖力があるようで、すぐに帰化植物を疑えます。
ヨーロッパ〜西アジア原産で、南北アメリカ、オーストラリア、アジアと広く帰化しています。

帰化植物を毛嫌いする訳ではありませんが、在来種を排除するようなものであっては困ります。
日本情緒豊かなアサガオも、元はといえば帰化植物です。受け入れる気持ちは、十分あります。

2007.5.23 岡山県
2007.4.28 静岡県伊豆半島
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery