コシノチャルメルソウ

ユキノシタ科 チャルメルソウ属

2007.5.3 新潟県


林内の湿地に生える多年草で、高さ40センチほどのものに出逢った。根生葉には柄があり、葉身は広卵形で浅く5裂し、不ぞろいの鋸歯があり、両面に白色の長い毛がある。
花弁は紅紫色を帯び、羽状に細く5〜9裂し、萼片は平開する。2個の花柱は短く、先端はそれぞれ2裂する。



〜徒然想〜

新潟県と富山県東部に特産するが、今回の新潟花紀行では随所でみられた。
地元の高尾山、奥多摩でみかけるコチャルメルソウよりは背丈も葉も大きい、葉の切れ込みも鋭いように見えたが、正直どこが違うのかよく分かりませんでした。写真を撮るだけの花紀行でした。
帰宅してこの植物の特徴を調べたが、明確な特徴は分かりませんでした。

2007.5.3 新潟県(画像にポインターをおいて下さい)
   
2007.5.3 新潟県(画像にポインターをおいて下さい)