クニガミトンボソウ

ラン科 ツレサギソウ属

葉は互生し、線状披針形〜長楕円形。15センチほどの花茎の先に穂状の花序を付ける。
花は淡緑色〜黄緑色、側花弁は斜卵形で直立又は斜上し、唇弁は舌状で、基部は距となって突出する。



〜徒然想〜

アップするか迷いましたが、失敗談を聞いていただくことにしました。
渓流の傍らには、いかにもランらしい2枚の葉の中央からすくっと花茎が立ち上がり、緑のつぼみのようなものを付けている。案内人は、“咲いてますよ!”というが、とても咲いているとは思えません。
それでも、ようやく逢えた貴重な植物なので、疑心暗鬼で、立ち上がる花?(蕾)を撮り続けました・・・・・・

何ということか! 
咲いてますよと言われた花は、立ち上がる蕾の傍らに倒れた別の株でした。
2007.9.9 沖縄本島(画像にポインターをおいて下さい)
2007.9.9 沖縄本島
2007.9.9 沖縄本島