ミヤマバイケイソウ

ユリ科 シュロソウ属



亜高山〜高山帯の湿地に生える多年草で、高さは50〜80センチ。花は緑白色。バイケイソウによく似ているが、全体的に小ぶりで花被片が小さいものが本種とされている。
花期は7〜8月。本州中部以北〜北海道に分布する。



〜徒然想〜

バイケイソウの高山型をミヤマバイケイソウと呼ぶことがありますが、まだ品種として確立はしていないようです。
バイケイソウは低山湿地にも生え、高さが1メートルを優に超えるものがみられます。花も大きく、白い花もみられます。
しかし、大雪中央部でみられるバイケイソウは明らかに雰囲気が異なり、草原に林立する姿は見事で、威厳のようなものがあります。

想えば、大雪のバイケイソウに似た姿は南アルプスなどでも見たことがあり、これらもミヤマバイケイソウと呼ばれてもいいのかもしれません。


−同じ科の植物−

2009.8.16 北海道大雪
2009.8.15 北海道大雪 2009.8.15 北海道大雪
2009.8.16 北海道大雪
2009.8.16 北海道大雪