ミヤマムラサキ

ムラサキ科ミヤマムラサキ属



今回の北岳山行で、ただ1個所のみで出逢うことができた。7月に、八方に行った友人からのメールにこの名があり、図鑑で調べました。ヤマルリソウに似た花がそこにあったのを思い出す。
思いがけない出逢いは、いつもうれしいもの。岩壁に張りつくように、点々と咲いていました。足場がちょっと悪く、私も岩壁に張りつくように撮りました。
さすがに時期が遅く、花はまばらで白く乾いた花が多かったのは残念でした。

亜高山〜高山帯の岩場や砂礫地に生える多年草で、高さ5〜12センチ。花は直径7、8ミリほど、複総状につく。茎や葉は白い剛毛に覆われる。
日本固有種で、ミヤマムラサキ属は日本では本種のみ。北海道にエゾルリムラサキがあるが、同種とする説もある。こちらはより大型で剛毛も太くて長い。

2006.8.12 山梨県北岳
2006.8.12 山梨県北岳