ミヤマナルコユリ

ユリ科 アマドコロ属



山地の林下に生える多年草で、高さ30〜70センチ。葉は互生し、卵形又は長楕円形、両面とも毛がなく、裏面は白色を帯びることが多い。
葉腋から出た花柄の先が2〜3個に分かれ、頂きに白花が付く。花筒は長さ1.5〜2センチ、先は6浅裂する。花期は5〜6月。



〜徒然想〜

ナルコユリにしては小型で花が多くぶら下がり、ちょっと様子が違う。
撮影していると師匠にミヤマナルコユリと指摘され納得、自分の目に間違いがなかったことに、ちょっとうれしくなりました。
残念なことは、時間に追われ雑に撮り、ピンぼけが多かったこと。暗いところに弱い私のカメラの弱点が、またも露見してしまいました。


2007.6.2 新潟県佐渡市
2007.6.2 新潟県佐渡市
2007.6.2 新潟県佐渡市