ミズガンピ

ミソハギ科 ミズガンピ属


隆起珊瑚礁に生える常緑低木で、高さ1メートルほどになり、よく分枝して地を這う。小枝や葉には灰白色の毛が密生する。葉は対生し、やや肉厚で卵形。
材は硬くて美しい紫褐色をしているので、ハマシタンの別名をもつ。
花はふつう白色だが淡紅色もあり、6弁で直径1センチほど。



〜徒然想〜

あれは草かと思ったのですが、木だったのですね。花ばかりみているので、気付かなかったようです。
小雨の中、急いで海岸植物の撮影をして回ったので仕方ありません。
さすがに初めて散策する南の地の海岸なので、初めてみる植物が多い。キバナイソマツイソノギク、・・・・等々、オキナワマツバボタンは雨なので花は閉じていました。


2007.9.9 沖縄県本島(画像にポインターをおいて下さい)
2007.9.9 沖縄県本島1