モンパノキ

ムラサキ科 スナビキソウ属


海岸近くに生える常緑低木で、10メートルほどにもなる。出逢ったのはいずれも4メートルほどでした。
集散花序が枝先に付き、白又は帯緑白色の小花を密に付ける。花冠は鐘形。
庭園樹としてよく利用されている。



〜徒然想〜

3月に沖縄に着いて初めてシャッターを押した記念の植物で、モノレールの駅に植えられていた。
そのときは未だ蕾ばかりだったが、9月、今度は花が開いていた。こちらは海岸の岩場に続く道沿いに並んでいた。
特段美しい花を付けるわけではないが、名前が面白く、忘れられない。

2007.3.17 沖縄本島
2007.9.9 沖縄本島(画像にポインターをおいて下さい)
2007.3.17 沖縄本島