ムラサキタカネリンドウ

リンドウ科 タカネリンドウ属



別名ムラサキシロウマリンドウ。
蛇紋岩地に多く、低山〜高山帯の砂礫地に生える1〜2年草で、高さは10〜50センチ。
タカネリンドウ(シロウマリンドウ)の品種で、花冠裂片全体が濃紫色、花期がより遅く、標高の低いところにも生える違いがある。花期は8〜9月。白馬岳、白山に分布する。



〜徒然想〜

この植物の仲間は、天気が良くないと花を開いてくれません。
この日は、山には朝から霧がかかり、晴れるのを期待しての登山スタートです。・・・時々薄日が射したり霧が雨に変わったりと、一喜一憂の歩みです。

そして、ムラサキシロウマリンドウの場所では・・・・・・、雨、霧はないものの、花はほんのわずかしか開いていませんでした。残念!
先が色付いているものを選んで撮影したものの蕾が多く、そもそも、今年はまだ花期には少し早かったようです。
息で暖めたりして花を開いてもらいましたが、本来は巴に開きます。


−同じ科の植物−

2009.8.30 長野県白馬
2009.8.30 長野県白馬
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery