ノリウツギ

ユキノシタ科 アジサイ属



低地から標高の高い山地まで広く分布する落葉低木で、高さは4メートルほどになる。葉は対生まれに輪生、革質で、楕円形〜卵状楕円形、先は細く尖り、縁には浅く鋭い鋸歯がある。
枝先に円錐花序を出し、両生花と装飾花を付ける。両生花は小さな5弁花が多数、装飾花は白色で、萼片は3〜5個。花期は7〜8月。



〜徒然想〜

愛知の葦毛湿原でじっくりみましたが、高尾のあの木、八ヶ岳の車道脇にあったあの木はやたらと蝶が多く群がっていた、・・・多分、各地で出逢っているのだろう。
似た花が多く、次第にこの手の花に注意を払わなくなってしまっている自分に気付く。身近に出逢える植物もきちんと区別できなくてはと、反省です。


2007.8.25 愛知県
2006.7.22 長野県八ヶ岳
2007.8.25 愛知県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery