サクラガンピ

ジンチョウゲ科 ガンピ属



伊豆半島から箱根周辺に特産し、絶滅危惧II類(VU)に指定されている。
林縁や岩場に生える落葉低木で、1〜2メートルほどになる。葉はまばらに互生し、卵形又は卵状披針形、全縁、両面に短い伏毛が生える。
花弁はなく、萼筒は淡黄色で、5ミリほど、先は4裂する。花期は8〜9月。



〜徒然想〜

ずっと気になっていたことが解決しました。
箱根でみたコガンピに混じって、よく似た黄色に色付く花がありました。コガンピか、別の種のか、頭の片隅で気になっていたのです。
日頃お世話になっている「野生植物写真館」を覗いていて、その黄色を見つけたときは、”これだ!”と、思わず声を出してしまいました。作者の宮本さんに感謝です。
改めて、この植物が生えていた情景が思い出され、懐かしい。海が見える明るい高台でした。

2007.9.16 神奈川県箱根(画像にポインターをおいて下さい)
2007.9.16 神奈川県箱根
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery