サツマイナモリ

アカネ科 サツマイナモリ属

2007.3.17 沖縄県(本島) 2007.3.17 沖縄県(本島)(画像にポインターをおいて下さい)



林中のやや湿気の多いところに生える多年草で、高さ10〜25センチ。葉は卵形又は長楕円状披針形。
茎の先に巻散状の2出集散花序をつくり、短い柄のある白い花を7〜20個つける。花冠はロート状で、長さ1.5センチほど、先は5裂する。
関東南部以西〜沖縄に分布する。


〜徒然想〜

緑の森の中で、自ら光を発するように白く輝いていた。そのせいか、撮った写真のほとんどが白飛びし、満足なものはなかった。遠い沖縄の地でせっかく出逢ったのに非常に残念な想いをしている。
今回の沖縄遠征は新たな花との出逢いばかりでなく、地元の方の温かい心にふれる旅になった。再び訪れる予感がする。
ときに群生することもあるようなので、そんな姿にも出逢いたい。

見事な株に出逢いました。径は40センチほど。やんばるの道の真ん中に、こんもりと生えています。皆で周りを囲み、見とれます。



2007.12.24 沖縄県本島
2007.12.24 沖縄県本島