シマイズセンリョウ

ヤブコウジ科 イズセンリョウ属



九州南部以南の低地〜山地に生える常緑の低木で、高さ1〜2メートルになる。
雌雄異株で、3〜4月に総状又は複総状に花序を出し、白色の花を多数付ける。
液果は直径4ミリほどの球形。



〜徒然想〜

着生ランを探し求めてやんばるの道なき道を歩き回り、ようやく森を抜け出た道端に咲いていました。イズセンリョウよりもずっと小粒な実が、びっしりと付いています。実はまだらで薄汚れ、お世辞にもきれいと言えません。
でも、着生ランは見つかりませんでしたが、着生ランを探し求めワクワクした思い出の写真になりました。


2007.12.22 沖縄県本島
2007.12.22 沖縄県本島