タカネイワヤナギ

ヤナギ科 ヤナギ属

当初エゾタカネヤナギとされていた。
高山帯の礫地に生える雌雄異株の落葉小低木で、枝は分枝して地表を這う。葉は広楕円形で、はじめは両面に長い白い毛がある。葉の質はやや厚く、縁には細かい鋸歯がある。
花穂は径8ミリほど、果期には花穂が5センチほどになる。
北海道、本州中部に分布


〜徒然想〜

最初の出逢いのときはまばらな穂で、あまり綺麗とは思えなかったので写真は撮りませんでした。
が、だんだん綺麗な個体に出逢うようになり、まるで撮ってくれと訴えてくるようでした。
北鎮岳の麓の傾斜地に貼りついた個体は綺麗でした。

北岳でも似た植物に出逢いました。エゾタカネヤナギの別名から北海道の固有種と思ったのですが、そうではなかったようです。
そういえば・・・、確か八ヶ岳にも・・・  
2007.7.11 北海道大雪
2007.7.28 山梨県北岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery