タカサゴヤガラ

ラン科 イモラン属



沖縄県北部の狭い範囲に生息し、個体数は極めて少ない。絶滅危惧種。
日当たりのよい湿った草地や明るい林床に生え、高さ30〜50センチ。葉は線形で30〜50センチ、花時にはない。
茎の先に総状花序に数花〜十数花付ける。花は半開し、紫色を帯びた淡黄緑色、唇弁は白色で3浅裂し、距は長さ5ミリほど。花期は4〜6月。



〜徒然想〜

見たかった花の1つが、何と道路脇にありました。じっくり撮りたいところですが、生憎雨が降り続けます。傘をかざして膝をつき、苦しい姿勢での撮影です。
次第に雨具を超えて水が入ってくるのが分かります。でも、待望の出逢いに興奮状態〜水の浸入にかまっていられません。
撮り終えてほっと身を起こします。周りに仲間は誰もいませんでした。

2008.4.13 沖縄県本島(画像にポインターをおいて下さい)
2008.4.13 沖縄県本島
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery