タマガワホトトギス

ユリ科 ホトトギス属

 

2004.7.10 長野県八千穂高原

出逢ったホトトギスの仲間では、一番好きかも知れない。優しげな黄色い花に、噴水のように雌しべ雄しべを吹き上げる。夏の沢のせせらぎが聞こえるような、ひんやりとした山林の木陰で出逢えるのも好ましい。

山地の谷沿いや湿った林に生え、高さ40〜80センチ。茎頂や上部葉腋に、黄色い散房花序を出す。花はホトトギスタイワンホトトギスと同じく上向きに付く。花はホトトギスの仲間としては早めに咲き出す。
葉は広楕円形で長さ8〜18センチ、基部は茎を抱く。
タマガワの名は、関東人には東京都と神奈川県の境を流れる多摩川を思い浮かべさせるが、京都府井出の玉川に由来する。


2004.7.10 長野県八千穂高原(画像にポインターをおいて下さい)