ハッポウタカネセンブリ

リンドウ科 センブリ属



高山帯の蛇紋岩地に生える1〜越年草で、高さは10〜40センチ。
花冠は淡紫色で、濃紫色の斑点がある。花期は7〜8月。八方尾根に分布する。



〜徒然想〜

八方への登山道で小さな花を見つけました。背の高さ15センチほど、花は1センチにも満たないでしょう。初めて出逢う花なのに、なぜかタカネセンブリの名が浮かびました。
屈んで写真を撮っていると、次から次に人がのぞき込んできます。
「何という花ですか。」、「タカネセンブリだと思うのですが・・・・・」と私。
「かわいい!」、「こんな小さいのをよく見つけましたね。」・・・人が増え、大賑わいの花談義になりました。
最後に来た女性2人組の1人が、「これはタカネセンブリですよ!」と自信を持って回答〜談義はお開きになりました。
後で調べたら、ハッポウタカネセンブリの特徴を持っていました。

2005.7.24 長野県八方
2005.7.24 長野県八方
2008.8.14 長野県八方
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery