アオテンマ

ラン科 オニノヤガラ属



林内などに生える腐生ランで、高さは40〜100センチ。
オニノヤガラの中にはときに花も花茎も淡緑色になるものがあり、アオテンマと呼ばれている。それ以外の特徴は、母種と変わらない。花期は6〜7月。北海道〜九州に分布する。



〜徒然想〜

前日に長野方面に出かけてリンドウの仲間を撮影して満足。ここのところ出ずっぱりだったので、翌日は休養日にすることにしていました。
しかし、朝起きて天気が良いと、つい出かけたくなります。

電車とバスを乗り継いで着いた先は深い森を思わせる雑木林が残る丘陵地で、都内にあるとは思えないほどです。
小道では家族連れとすれ違います。幼子3人は両親を引き立てるように、坂道を駆け上ります。
アオテンマはその家族連れに似て、大小が草むらに佇んでいます。


−同じ科の植物−

2010.6.13  東京都
2010.6.13  東京都 2010.6.13  東京都
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery