エゾチドリ

ラン科 ツレサギソウ属


海岸近く〜山地の草地などに生える多年草で、高さは20〜40センチ。葉は対生状に2枚付く。
花は茎の上部に多数付き、直径2センチほど。やや緑を帯びた白色で、側萼片は横に開き、唇弁は下に垂れ下がる。距は長さ2.5センチほどで、後方にのびる。花期は7〜8月。北海道に分布する。



〜徒然想〜

薄い霧がたちこめた湿原です。遠くは霧に霞んでいます。誰もいない木道を、コツ、コツと、ちょっと心細い想いで散策を開始します。
しかし、間もなくしてツレサギソウの仲間が現れると、心細さはすっかり吹き飛び、夢中の撮影モードです。

茎は太めで、しっかりと立ち上がっています。葉は草の中で見え隠れしていますが、2枚付いているようです。
花はオオヤマサギソウのように、鳥が羽を広げた形です。
歩を進めるとポツリポツリのこの花が現れ、撮影が続きます。撮影後、気付いたときはすっかり夕暮れです。

−同じ科の植物−
2012.7.25 北海道
2012.7.25 北海道 2012.7.25 北海道
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery