ミヤマイボタ

モクセイ科 イボタノキ属



山野に普通にみられる落葉低木で、よく分枝して高さは1〜3メートルになる。葉は対生し、卵状長楕円形、全縁、先は尖る。
枝の先に円錐花序を出し、白い小さな花を付ける。花冠は筒状漏斗形で、長さ6〜7ミリ、先は4裂する。雄しべは2個で花冠から突き出る。花期は6〜7月。北海道〜九州に分布する。



〜徒然想〜

2週続けて訪れたこの森は、木々の花の観察にもいい場所のようです。今はコゴメウツギがほぼ終わり、前の週にはなかったミヤマイボタやヒョウタンボクが咲き始めています。
今はまだ、木々の花のみを求めて観察地を訪れることは多くありませんが、いずれも楽しめる場所として確保しておくのはうれしいものです。
ここ富士山麓のミヤマイボタはほぼ満開状態で、蕾のものもみられます。
伊吹山では葉の先が丸みのあるイボタノキを見ることができました。


−同じ科の植物−

2009.7.5 静岡県富士宮市
 2009.7.5 静岡県富士宮市    2009.7.5 静岡県富士宮市(画像にポインターをおいてください)
   2009.7.5 静岡県富士宮市