シロバナハクサンチドリ

ラン科 ハクサンチドリ属



〜徒然想〜

ハクサンチドリの白花品はシロバナハクサンチドリ(f. albiflora)と呼ばれています。
ハクサンチドリは紅紫色を中心に濃淡の変化が多く、それらに混じって時折白色のものがみられます。
各所でみられるハクサンチドリは、今となってはあまり撮影することがなくなりましたが、白色となると違います。

最初の出逢いは福島県で、白色もあることを初めて知りました。

秋田駒ヶ岳では、白花をみつけたことを自慢気に話す登山者に教えられ、下山道を丹念に探すことにしました。こちらは薄いピンクの斑点が認められ、シロバナハクサンチドリといっていいのか疑念は残りますが、紹介しておくことにします。

そして、北海道でも・・・。


−同じ科の植物−

2010.7.6 秋田駒ヶ岳
2010.7.6 秋田駒ヶ岳 2010.6.26 福島県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery