ガクウツギ

ユキノシタ科 アジサイ属



関東地方以西の山地の沢沿いの斜面や林縁に生える落葉低木で、高さ1.5メートルほどになる。葉は対生し、長楕円形、縁には浅い鋸歯があり、先は尾状に尖り、光沢がある。葉裏の脈腋に白い毛が密生する。
両性花ははじめ淡黄緑色で、のちに黄色。装飾花の萼片は3個で白色、ときに黄色味を帯びる。花期は5〜6月。



〜徒然想〜

高尾の中では暗い林道で、歩を進めるに従って静けさが増して、さらに進むと不気味な気持ちにもなってくる。
ガクウツギは、そんな林道を曲がったときに突然に現れた。やや明るくなったものの暗い中の真っ白は、林の中にボーっと浮かび上がって見えた。コントラストがなかなか見事です。
この日はウツギコゴメウツギも丁度盛り、ウツギ3兄弟の競演です。
といいたいところですが、ウツギはウツギ属、コゴメウツギはバラ科、ガクウツギはアジサイ属で、兄弟ではありません。

2007.5.12 東京都裏高尾(画像にポインターをおいて下さい)
2006.5.14 東京都裏高尾
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery