コバノトンボソウ

ラン科 ツレサギソウ属

日当たりのよい湿った草地に生える多年草で、高さは20〜40センチ。葉は1枚で、基部は茎を抱き、鱗片葉は茎にへばりつくように付き目立たない。
花は淡黄緑色で、距は1.2〜1.8センチ、後方に跳ね上がる。花期は6〜8月。北海道〜九州に分布する。



〜徒然想〜

湿原や草地でホソバノキソチドリにはよく出逢いますが、この花とは思いの外出逢いが少なかったのに気付きました。
花の色や距が長いところなど、両者はよく似ています。明確な違いは、距の先が上に跳ね上がるか、下向きになるかの違いです。

トンボといえば・・・、8月の終盤になると、信州の草原ではアキアカネが目立つようになります。
花散歩の合間にぼーっと青空を見上げ、飛び交う姿を追います。もうこんな時期になったのかと、ちょっぴり感傷的になるひと時です。

2003.8.13 長野県縞枯山
2008.7.20  群馬県尾瀬 2008.7.20  群馬県尾瀬
2008.7.26  山形県 2008.7.20  群馬県尾瀬(画像にポインターをおいて下さい)