ニッコウネコノメ

ユキノシタ科 ネコノメソウ属



ヨゴレネコノメと同じくイワボタンを母種とする高さ5〜15センチの多年草。ふつう根出葉は花時にはなく、花後に30センチにも達する走出枝を出す。
萼片は淡黄色で花期にはほぼ平開し、雄しべは8又は4個。開裂直前の葯は暗紅紫色。花期は4〜5月。東北地方南部〜中部地方の太平洋側に分布する。



〜徒然想〜

ヨゴレネコノメとの違いがよく分からなくて、アップを先延ばしにしていました。図鑑などには、萼片が平開する、葯が4〜8個で暗紅紫色などの特徴が示されています。
しかし、萼片がまだ平開しきれていない初期のものがあったりすると、即、迷いになってしまいます。

少し救われつつあるのは、数を見ることによって、典型的なものと、そうでないものとを見分ける目が、多少なりとも出来てきたことでしょうか。植物によって、見なければならない部分が分かってきたことでしょうか。

違いは、ヨゴレネコノメの萼片はほぼ直立し、葯は暗紅色、花糸、花柱及び子房が紅紫色を帯びることを、指標にしています。

2007.5.19 長野県
2007.5.19 長野県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery