ササバギンラン

ラン科

前日からの雨があがったが、まだ空は低い雲に覆われている。期待に胸ふくらませ、いつも以上にゆっくりと、花を探しながら山に入る。
まもなく見つけたササバギンラン〜何度も通っている道だが、こんな所で見るのは初めてだ。
撮影していると、追いついたご夫婦が声をかけてきた。いつものとおりの出逢いの会話。
“いい天気になりましたねー!”、
“えっ!”と私。
いつの間にか、空はすっかり青空になっていた。足下ばかり見ていたので気が付かない。思わず苦笑いのときでした。

北海道から九州まで広く分布し、山地や雑木林に自生する多年草で、高さ30〜50センチ。葉は細長く、笹の葉に似る。茎頂に白色の花を数個付ける。花は半開し上を向く。

次はキンランの自生に逢いたい。
2006.7.8 長野県八ヶ岳
2006.7.7 長野県八ヶ岳
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery