アカヒダボタン

ユキノシタ科 ネコノメソウ属



山地の谷沿いなどの湿った地に生える多年草で、高さは10センチほど。苞は広卵形で鮮黄色。
花(萼片)は赤褐色で直立し、雄しべは8個、萼片とほぼ同長、葯は黄色。花期は4〜5月。本州中部地方西部〜近畿地方東部に分布する。



〜徒然想〜

2009年はボタンネコノメとその仲間を観察する機会が続き、よくその違いが分かりました。この仲間は、いずれも苞が鮮やかな黄色で、きれいです。
違いは主に萼片、雄しべ、葯にあり、アカヒダボタンは何といっても、萼片の色にあります。赤みが強い赤褐色で、ヒダボタンなどとの違いは歴然です。

この花が今年最後のネコノメソウ観察になるかもしれません。そう思うと、今年出逢ったボタンネコノメやその仲間を思い浮かべながら、じっくりと向かい合いたくなりました。

2009.5.9 滋賀県(画像にポインターをおいて下さい)
2009.5.9 滋賀県
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery