ワスレナグサ

ムラサキ科 ワスレナグサ属



ヨーロッバ原産で、観賞用に栽培されていたものが野生化している。茎は高さは20〜50センチで、下部は地を這う。茎や葉には灰白色の軟毛がある。葉は互生し、へら形。花は淡紫、淡紅、白と変化が多い。萼は5浅裂し、まばらに圧毛がある。花期は5〜7月。


〜徒然想〜

各地で野生化していますが、特に北海道や長野県で多くみられるようです。
八ヶ岳の麓では、別荘地やその周辺で大きな群落となっていました。
北海道では、道端の草地が青一色でした。

ワスレナグサ〜
名の響きと名のいわれとなる悲しい伝説、そして可憐な花の色具合から、なんともいえない穏やかな気持ちになります。

仲間の花にヤマルリソウミヤマムラサキなどがあります。次はエゾムラサキでしょうか。

-同じ科の植物-

2006.5.27 長野県八ヶ岳
   2005.5.28 長野県八ヶ岳
 
 2015.7.1 北海道
   2015.7.1 北海道
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery