コガネネコノメソウ

ユキノシタ科 ネコノメソウ属



山地の沢沿いや湿った場所に生え多年草で、高さは4〜10センチ。茎には白い毛があり、小さな葉は1対付く。
黄色い花にみえるものは萼片で4個あり、直立する。雄しべは8個で萼片より短い。花期は4〜5月。関東以西、四国、九州に分布する。



〜徒然想〜

いやー、きれいな姿ですナー!ヨゴレネコノメさんに少し分けてあげたらどうでしょうか。
ネコノメソウの仲間でも華やか〜透き通るような見事な黄金色をしている。水辺を好み、若葉が芽吹いた春の緑の絨毯にきれいな模様をつける。
ハナネコノメが可憐なら、この花は・・・・・ムッ、いい言葉が出てこない。コケむした岩の上では見事に競演してくれた。あなたなら、はたして、どちらに軍配を上げるでしょうか。

本稿を数年後に見直し、稚拙な文章に汗が垂れる想いですが、花を見始めた当初はいろいろ感動していたように想えます。
華やかな黄金色があっても素通りするのが、気恥ずかしいです。

2003.5.10 東京都奥多摩七ツ石山
2005.4.9 東京都奥多摩川苔山
2005.4.9 東京都奥多摩川苔山
   もっとこの花を見る → Ptoto Gallery